自由を守る会

私たちはあなたの自由を守る地域政党です
~無所属無党派の改革政策集団~

お知らせ 全173件

「自由を守る会」の新たなスタートにあたって

「自由を守る会」は、2014年11月21日に発足した、東京を中心とする地域政党です。
 私たちは、自由主義、民主主義、市場主義、地域主義、個人主義を基調とした、自由・自主・自律の精神のもと、国民の選択の自由、政府からの自由、内心の自由を守り、人々がのびのびと個性を活かすことのできる社会の実現を目指し、もって、あなたの自由を守ることを理念としています。
※自由を守る結党宣言
http://freedom-ea.com/founding-declaration

結党以来、東京都内の自治体選挙に取り組み、地域最優先の地方議員を発掘・育成するため、定期的な勉強会を重ね、所属メンバーは徹底してブレずに議会活動・地域活動に向き合い、地域政党サミットにおいては各地に地域政党を誕生させ、全国に仲間を増やすべく取り組みを進めておりました。
本会は、要求を受け、本年4月3日、不本意ながら活動を休止し、政治資金規正法上は解散の扱いとなっておりましたが、活動再開をすべく、10月6日に届出を行いました。
組織は人によって初めて成り立つものです。組織の維持自体を自己目的とせず、政治状況や目的、メンバーの置かれた立場・事情によって、時宜に応じて、融通無碍に変化していってよいものと考えています。
このような観点から、今般、以下に述べる理由により、本会を政治団体の位置付けに戻し、活動再開すべきものと、決意を新たにいたしました。

今、世界は、グローバリゼーションとインターネット社会となり、日本においても、政治や選挙を取り巻く環境が急速に変わりつつあります。直接地域住民が地方自治、地方議会に格段とアクセスしやすくなってきています。わたしたちは、東京の地域政党として、みなさまに寄り添う現場主義の地域活動と、メンバーそれぞれが使命感を持って進めるフィールドワークでの取り組みをダイレクトに知っていただくことを通して、既存の国政政党等の大きな組織や既得権益団体の支持よりも、一人一人の地域住民が支持評価をしていただける時代に展望を見ております。
この中で、地方自治・地方議会は、東京都政はもとより、各区市町村におきましても、新たなパラダイム展開に向け、大航海時代へ突入しています。
活動再開にあたり、ますます、地域住民の声なき声、議会に臨む真の「選良」たる地方議員の受け皿としての役割を痛感しております。

新生「自由を守る会」は、時に大きな船を動かす小さくても決して沈まぬ機動的かつたおやかなタグボートとして、この地方政治の大海原へ漕ぎだし、これまで以上に地域課題の発掘と解決を最優先とした議会活動と地域活動に、あなたのためあなたとともに総力をもって邁進してまいります。

 都内におきましては、本年11月12日投票の葛飾区議会議員選挙、来年2月予定の町田市議会議員選挙が控えております。両選挙で候補者を擁立し、議席を獲得すべく、準備を進めてまいります。
 改めまして、活動再開にあたり、これまでと変わらず、みなさまの温かいご理解、ご支持を心よりお願い申し上げます。

2017年10月10日
自由を守る会

自由を守る会に新しいメンバーが増えました!

標記の件につきまして、2017年10月9日付で大森ゆきこ氏が自由を守る会の新メンバーとなりましたので、お知らせ致します。

氏名:大森ゆきこ
役職:葛飾区政策委員・地域担当
所属:ぱんつっこの森代表、葛飾ひとり親ネットワーク代表、江東区協働事業こうとう子育てメッセ実行委員、東京都スキー連盟加盟クラブ ジョリースキークラブ理事、葛飾区スキー連盟理事
※詳しくはこちらをご覧ください。

活動再開のお知らせ

2017年10月6日、自由を守る会の活動を再開致しました。つきましては、代表・上田令子がコメントを発表致しましたので以下のリンクをご覧ください。

地域政党「自由を守る会」活動再開!
http://blog.livedoor.jp/edomam/archives/52420918.html

解党のお知らせ

平成29年4月3日、自由を守る会は、発展的解消をさせて頂きました。結党後約2年余ではありましたが、ご支持ご声援誠にありがとうございました。各メンバーは引き続き各持ち場で自由・自主・自律の精神を希求してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2017年小金井市議会議員選挙における対応について

平成29年3月13日、自由を守る会は、来たる小金井市議会議員選挙に向けて、以下の者らを推薦することとしました。

【小金井市議会議員候補予定者】
百瀬和浩(55) 小金井市議会議員

代表就任あいさつ

このたび、都議会議員上田令子代表の退任に伴い、自由を守る会の代表に就任いたしました武蔵野市議会議員の竹内まさおりと申します。
自由を守る会は、上田令子代表のもとで、新進気鋭の自治体議員を確実に増やし、昨年の都知事選では、組織決定をもって小池百合子候補を応援した唯一の政党となりました。
本年、上田令子代表が、再選をめざしての都議選に出馬するにあたり、小池知事及び東京大改革を身近なところで支えるため、都民ファーストの会での立候補を決断されました。私としてはその決断を前向きに評価し、後任をお引き受けすることといたしました。
また、自由を守る会は、小池知事が進める東京大改革を推進するため、各自治体で住民ファーストを実現する真の自治体改革・自治体議会改革の出来る地域政党として、引き続き頑張ってまいりたいと思います。
さらに多彩な顧問陣は、快諾のうえ全員留任し今後も地域創生を応援してくれることを確認しました。
自由を守る会を創設した上田令子都議会議員の初心をしっかりと受け継ぎ、地域と地域住民最優先で議会で、地域で活動を続けてまいります。
これまで上田令子代表をお支えいただいた皆様におかれましては、私、竹内まさおりが代表を務めます自由を守る会に引き続きご支援賜りますようお願い申し上げます。

平成29年1月23日
自由を守る会 代表 竹内まさおり

© 2017 自由を守る会. all rights reserved.