自由を守る会

私たちはあなたの自由を守る地域政党です
~無所属無党派の改革政策集団~

推薦 全13件

2017年葛飾区議会議員選挙における対応について

平成29年11月4日、自由を守る会は、来たる葛飾区議会議員選挙に向けて、以下の者を推薦することとしました。

【「自由を守る会」推薦候補者】
大森ゆきこ(新人)

うめだ信利(現職)

2017年小金井市議会議員選挙における対応について

平成29年3月13日、自由を守る会は、来たる小金井市議会議員選挙に向けて、以下の者らを推薦することとしました。

【小金井市議会議員候補予定者】
百瀬和浩(55) 小金井市議会議員

平成28年東京都知事選挙・都議補選 結果を受けての代表メッセージ

image
 昨31日、舛添要一前知事の辞職を受けての東京都知事選・都議補選が執行され、即日開票されました。
 その結果、私たち自由を守る会が全力で支援した小池百合子氏(64)が2,912,628票(得票率44.5%)を獲得し当選、東京都政史上初の女性知事の誕生となりました。全ての市区で1位となる圧勝でした。
 投票率は59.73%と、知事選単独としては平成になってから最高となりました。都民の関心の高さをうかがわせます。

 今回の都知事選におきましても、前知事の辞職以降、国政政党により幾度も繰り返された都民の声に耳を傾けない政治家たちによる既成政党・政治家のための候補者選びが進められようとしていました。自由を守る会は、主体性を持って、旧態依然としたこのような動きに追随することなく、地域のことは地域で解決するべく強い決意のもと、東京発、政界再生・活性化を目指し、都民益と自由・自治のため、全く新しいタイプの知事を誕生させる取り組みを進めてきました。
 このような中、「都民が決める。都民と進める。」を掲げ、自民党衆議院議員の身分を捨てて立候補をした小池氏を最適任であるとして、総力を挙げて支援し、当選に至りました。
 小池氏は、投票終了直後の当選確実の報を受け、「全てのお支えいただいた皆さまに感謝いたします。結果の重み感じながら都政に邁進していきます。小池氏は「これまでにない選挙活動だった。SNSなどを活用し、どんどんどんどん私を支えてくれる人の輪が広がっていった。選挙は往々にして悲しいというか悲惨というか、それを訴えるものが多いが、逆に楽しい選挙をさせていただいた。これまでにない都政、これまでに見たことがないような都政を皆さまとともに進めていきたい。女性も男性も、子どもも大人も、お年寄りもそして障害をもった方々も、みんなが輝ける東京を、ということを訴えてきた。」と冷静ながら力強くしなやかに述べました。
 自由を守る会は、都民のみなさまお一人おひとりのご支持・ご支援をもとに、17日間の選挙戦を展開しました。小池氏の勝利を受け、本来の二元代表制が機能する知事として、あらゆるしがらみを断ち切り、労働組合、宗教団体など既得権益団体・圧力団体と一線を画す都政のトップリーダーとなる小池新知事と連帯し、都政改革を進めていく決意を新たにいたしておりますところです。左右の既得権組織に依存した国政政党に対抗し、選挙に臨んだ以上、厳しい都政運営が予想されます。小池氏への都民の声を都政にいち早く反映すべく、引き続き、都民のための都政改革を実現すべく、取り組みを進めてまいります。

 なお、都議補選では大田区選挙区で、みぞぐち晃一氏を支援し、47,400票を獲得しましたが、当選には至りませんでした。地域政党としての課題と力不足を真摯に受け止めるとともに、ご支持・ご支援を賜りました大田区のみなさまに、心より感謝を申し上げます。

2016(平成28)年8月1日
自由を守る会  代表 上田令子

2016年東京都議会議員補欠選挙(大田区選挙区)における対応について

平成28年7月21日、自由を守る会は、来たる東京都議会議員補欠選挙(大田区選挙区)に向けて、以下の者を推薦することとしました。

【東京都議会議員補欠選挙(大田区選挙区)候補予定者】
みぞくち晃一(47) 写真家、写真事務所経営

profile_aisatsu

2015年小金井市長選挙及び小金井市議会議員補欠選挙を終えて(上田令子代表談話)

 私ども、地域政党「自由を守る会」は、12月13日執行の小金井市長選挙及び小金井市議会議員補欠選挙(定数2)において、地域政党「リベラル保守の会」とともに闘いを進めて参りました。

 市長選では、新人4名が立候補し、各国政政党が推薦・支援した3名に対し、無所属無党派の岩渕美智子さんを支援しました。結果は、民主党等が実質支援した元都議が当選、岩渕さんは、自民・公明推薦の元市議、共産・生活者ネットの市議らが支援した元市議に続きましたが、5,786票(約15%)の支持を受け、惜敗したものの既成政党に満足していない有権者の大きな受け皿となりました。

 実際、当選した民主党元都議の得票は12,849票で、前回都議選の14,628票(落選)はじめ2期8年の得票からも大きく後退しています。また、自民・公明推薦の候補者も、2011年に相次いで行われた前々回・前回に続いて大幅に得票を落とし、前回に比べても4,000票を越える減票となり、国政与党の推薦を受けながら、落選しました。

 市議補選では、6名が立候補し、無所属無党派の沖浦あつしさんを支援しました。自民党と緑の党の各全国政党が議席を得ましたが、沖浦あつしさんは7,048票を得て善戦し、共産党公認候補、民主・社民が支援した元市議を抑えて、636票差の次点(3位)に迫りました。沖浦さんの立候補決意は告示直前であり、事前の活動は他候補のようにポスターの掲示や全戸ビラの配付さえできませんでしたが、全国政党と互角の戦いとなりました。

 両選挙とも上田代表の陣頭指揮のもと、連日、所属議員・会員が支援に入り、大きな力となりました。善戦及ばず、苦杯を喫しましたが、設立後、初めての小金井での選挙となった地域政党「リベラル保守の会」は、既成の国政政党に飽き足らない小金井市民のご支持を受けることになりました。その一方で、この大きなご支持に応え切れなかったことは、私どもにとりまして重い宿題をいただいたと真摯に受け止めて、党勢拡大に向け、決意を新たにするものです。

 この大きなご支持に対し、着実に応え、政策の実現にまい進していくべく、小金井市での経験を地域政党サミットを通じて各地の地域政党と共有するとともに、今後とも、東京を中心エリアとした地域政党として、政策の研鑽を重ね、また、東京・首都圏の各種選挙において、積極的に候補者の擁立を図っていく所存です。

 すでに、本年3月に全国各地の地域政党と連携し創設した、地域政党サミットも来年1月には東京において第3回目の開催となります。既成の国政政党による地方政治の系列化には弊害も多く、ぜひ、地域政党の基盤確立に向けて、参加地域政党を拡大し、連携を強めていきたいと進めております。

 今後とも、ご指導、ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

上田令子党代表支援候補の選挙結果

[小金井市長選挙]
1、岩渕美智子(新人/推薦)
2、定数:1人
3、立候補者数:4人
4、得票:5,786票
5、落選

[小金井市議会議員補欠選挙]
1、沖浦あつし(新人/推薦)
2、定数:2人
3、立候補者数:6人
4、得票:7,048票
5、落選

【12月13日執行 小金井市長選挙・小金井市議会議員補欠選挙の開票結果(小金井市HP)】

市長選挙の結果はこちらです。

市議補欠選挙の結果はこちらです。

2015年小金井市長選挙及び小金井市議会議員補欠選挙における対応について

平成27年11月29日、自由を守る会は、来たる小金井市長選挙及び小金井市議会議員補欠選挙に向けて、以下の者を上田令子党代表が個人推薦することを了承しました。

【小金井市長選挙候補予定者】
岩渕美智子(60) 元大学助教授

【小金井市議会議員補欠選挙候補予定者】
沖浦あつし(43) 行政書士

© 2017 自由を守る会. all rights reserved.