自由を守る会

私たちはあなたの自由を守る地域政党です
~無所属無党派の改革政策集団~

党活動 全162件

12月16日(土)自由を守る会 熱血!街頭演説会 @町田のお知らせ

IMG_2016
去る葛飾区議会選挙では、自由を守る会は現職うめだ信利区議、新人大森ゆきこ区議どちらも当選!そして舞台は、市議会議員市長選挙が2018年2月25日執行される町田市へ!
現職新井よしなお町田市議、矢口まゆ政策委員、自由を守る会メンバーで町田市内を大いに賑やかします!
町田市の皆様応援支援よろしくお願いします。

日時:12月16日(土)13:30~
町田駅前街頭演説会
その後は自由に市内を駆け抜けます!

【弁士】
上田令子東京都議会議員
新井よしなお町田市議会議員
矢口まゆ自由を守る会町田市政策委員

【集合場所】
・町田駅前

選挙政治サイト「政治山」に上田令子代表の記事が掲載されました!

2017年12月8日、選挙政治サイト「政治山」に上田令子代表の記事が掲載されましたので、以下ご紹介致します。

都ファ離党から2カ月―「政局だけ、理論だけはダメ!今こそ、ホンモノの地域政党を!」

2017年葛飾区議会議員選挙における対応について

平成29年11月4日、自由を守る会は、来たる葛飾区議会議員選挙に向けて、以下の者を推薦することとしました。

【「自由を守る会」推薦候補者】
大森ゆきこ(新人)

うめだ信利(現職)

自由を守る会に新しいメンバーが増えました!

標記の件につきまして、2017年10月30日付で矢口まゆ氏が自由を守る会の新メンバーとなりましたので、お知らせ致します。

氏名:矢口まゆ
役職:町田市政策委員・地域担当
所属:南町田土日ママの会
※詳しくはこちらをご覧ください。

上田令子都政報告会~お姐節炸裂!一連の真相を語ります~【代表・上田令子都議会議員主催のイベント情報】

IMG_1931

null

平素は、上田令子をお支え頂き、ありがたく厚く御礼申し上げます。
私、上田令子は「都民ファーストの会」において「二元代表制担保への懸念」「憲法・地方自治法で認められた調査権・発言権の抑制」「党内民主主義の欠如」に大きな疑念を抱き、これでは「古い都議会を新しく」はできないと判断し10月5日に離党いたしました。
 知事選を真っ先に手伝ったというのに、知事選直後から態度を一変、同会前代表(現知事特別秘書=特別公務員)から強要され解党した私が代表を務める「地域政党自由を守る会」は、即日再結成し去る11月12日葛飾区議選には、現職うめだ信利氏、新人大森ゆきこ氏どちらも当選を果たすに至りました。心よりお礼申し上げます。
 TV・新聞等に大きく取り上げられ皆々様には大変ご心配をおかけしましたが、私の初当選以来のキャッチフレーズ「わたしは、ブレない。」の言葉通り、言論統制のない、住民最優先の自由な議会活動を引き続き展開していく所存です。衆院選も終わり、忌憚なく皆様にこれまでの真相と都政報告をさせて頂きたく以下お知らせ申し上げます。
お姐節炸裂間違いなし!ふるってのご参加お待ちしてます!
東京都議会議員 上田令子

【上田令子都政報告会~お姐節炸裂!一連の真相を語ります~】
日時:平成29年11月24日(金)
午後7時~8時
(午後6時30分受付開始)
会場:タワーホール船堀2F『桃源の間』
江戸川区船堀4-1-1
都営新宿線「船堀駅」北口駅前
アクセスはこちら。
会費:無料
事前申込:不要
連絡先:090-1856-8721

「自由を守る会」の新たなスタートにあたって

「自由を守る会」は、2014年11月21日に発足した、東京を中心とする地域政党です。
 私たちは、自由主義、民主主義、市場主義、地域主義、個人主義を基調とした、自由・自主・自律の精神のもと、国民の選択の自由、政府からの自由、内心の自由を守り、人々がのびのびと個性を活かすことのできる社会の実現を目指し、もって、あなたの自由を守ることを理念としています。
※自由を守る結党宣言
http://freedom-ea.com/founding-declaration

結党以来、東京都内の自治体選挙に取り組み、地域最優先の地方議員を発掘・育成するため、定期的な勉強会を重ね、所属メンバーは徹底してブレずに議会活動・地域活動に向き合い、地域政党サミットにおいては各地に地域政党を誕生させ、全国に仲間を増やすべく取り組みを進めておりました。
本会は、要求を受け、本年4月3日、不本意ながら活動を休止し、政治資金規正法上は解散の扱いとなっておりましたが、活動再開をすべく、10月6日に届出を行いました。
組織は人によって初めて成り立つものです。組織の維持自体を自己目的とせず、政治状況や目的、メンバーの置かれた立場・事情によって、時宜に応じて、融通無碍に変化していってよいものと考えています。
このような観点から、今般、以下に述べる理由により、本会を政治団体の位置付けに戻し、活動再開すべきものと、決意を新たにいたしました。

今、世界は、グローバリゼーションとインターネット社会となり、日本においても、政治や選挙を取り巻く環境が急速に変わりつつあります。直接地域住民が地方自治、地方議会に格段とアクセスしやすくなってきています。わたしたちは、東京の地域政党として、みなさまに寄り添う現場主義の地域活動と、メンバーそれぞれが使命感を持って進めるフィールドワークでの取り組みをダイレクトに知っていただくことを通して、既存の国政政党等の大きな組織や既得権益団体の支持よりも、一人一人の地域住民が支持評価をしていただける時代に展望を見ております。
この中で、地方自治・地方議会は、東京都政はもとより、各区市町村におきましても、新たなパラダイム展開に向け、大航海時代へ突入しています。
活動再開にあたり、ますます、地域住民の声なき声、議会に臨む真の「選良」たる地方議員の受け皿としての役割を痛感しております。

新生「自由を守る会」は、時に大きな船を動かす小さくても決して沈まぬ機動的かつたおやかなタグボートとして、この地方政治の大海原へ漕ぎだし、これまで以上に地域課題の発掘と解決を最優先とした議会活動と地域活動に、あなたのためあなたとともに総力をもって邁進してまいります。

 都内におきましては、本年11月12日投票の葛飾区議会議員選挙、来年2月予定の町田市議会議員選挙が控えております。両選挙で候補者を擁立し、議席を獲得すべく、準備を進めてまいります。
 改めまして、活動再開にあたり、これまでと変わらず、みなさまの温かいご理解、ご支持を心よりお願い申し上げます。

2017年10月10日
自由を守る会

© 2017 自由を守る会. all rights reserved.