大森ゆきこ
所属ぱんつっこの森代表、葛飾ひとり親ネットワーク代表、江東区協働事業こうとう子育てメッセ実行委員、東京都スキー連盟加盟クラブ ジョリースキークラブ理事、葛飾区スキー連盟理事
生年月日1982年5月2日
出身校葛飾区立宝保育園、四ツ木小学校、四ツ木中学校、都立江戸川高校、中央大学理工学部卒業
公式HPtwitterfacebookブログ

ご挨拶

略歴

«大森ゆきこ プロフィール»
1982年5月2日生まれ。35歳
葛飾区立宝保育園、四ツ木小学校、四ツ木中学校、都立江戸川高校、中央大学理工学部卒業。半導体業界の営業職、総合商社にて貿易事務を経験。
2011年に結婚。2013年妊娠8週で夫が病死、人生のどん底を味わうも同年12月に娘を出産。シングルマザーとして子育てを始め、『幸せの連鎖はママの笑顔から!』との思いから自分と同じように子育て等で悩んでいる人たちの手助けをしたいと思い育児支援活動を開始。赤ちゃんの気持ちに寄り添うことの大切さを伝える。
家族・・・鉄工所を経営する葛飾区出身の父と母、娘(3歳)
活動歴・・・講師業の傍ら『ぱんつっこの森』を設立。『葛飾ひとり親ネットワーク』代表。江東区協働事業こうとう子育てメッセ実行委員、東京都スキー連盟加盟クラブ ジョリースキークラブ理事、葛飾区スキー連盟理事
資格・・・大型2種免許、大型2輪免許、全日本スキー連盟(SAJ)公認スキー検定1級、日本舞踊 藤間流名取、おむつなし育児アドバイザー
趣味・・・家庭菜園、スキー、乗馬
言語・・・英語、韓国語

≪活動詳細≫
①ぱんつっこの森
子育て世帯がもっと情報交換できる場を作って子育ての輪を広げることを目的とし、幼い子供を持つ親として必要なことを学んだり情報交換を楽しめる親子交流サロンでの育児支援活動です。葛飾区外からの利用者も多く、妊婦さんやパパさんも遊びに来てくれます。

②おむつなし育児講座講師
赤ちゃんの気持ちに寄り添う育児法『おむつなし育児』を実践した経験から、児童虐待防止や育児不安の解消につながり赤ちゃんの心身の健康にもつながり環境にもよく、パパママがもっと育児を楽しんでもらうために講師として普及活動に励んでいます。おむつなし育児の視点を利用したトイレトレーニング講座も大人気でした!
アカチャンホンポ、mamagaku武蔵小杉校東戸塚校、西奥戸児童館、東堀切児童館、亀戸児童館(江東区)、

③葛飾ひとり親ネットワーク
様々な理由から、私と同じようにひとり親として子育てをしている人たちの交流会を開催し、ひとり親にしかわからない悩みや情報を共有したり相談できる場を作っています。みんなで遊びに出かけたり子どもと一緒に楽しめるプログラムも企画。

④ジョリースキークラブ理事、葛飾区スキー連盟理事
葛飾区体育協会スポーツ賞授賞歴2回。
スポーツ好きの両親の影響で小さい時から続けているスキーをもっと多くの人たちに楽しんでもらいたいという思いから、雪遊びから競技スキーまで幅広い年齢層に楽しんでもらえるようスキーを盛り上げる活動に注力しています。2020年のオリパラに向けて『スポーツ区葛飾』をさらに盛り上げます。