自由を守る会

私たちはあなたの自由を守る地域政党です
~無所属無党派の改革政策集団~

地域政党 全28件

町田市議会議員選挙を終えて

IMG_2681

町田市議会議員選挙(定数36)は、44名が立候補し、同市長選挙と同時に、去る2月25日に執行され、同日深夜まで開票が行われました。
投票率は、42.35%となり、前回の41.33%から1ポイント余り上がりました。(開票結果は、こちら

 地域政党「自由を守る会」は、現職の新井よしなおに加え、新人の矢口まゆを推薦し、選挙戦に臨みました。
 その結果、矢口まゆは、3,526票(得票率:2.36%)を獲得し、19位で当選。新井よしなおは、2,475票(得票率:1.66%)を獲得し、36位で当選。国政政党と一線を画し、労働組合、業界団体、宗教団体等、既存の組織・団体の支援を全く受けていない中、本会として複数議席を獲得することができました。ことに、矢口まゆにおいては、市制施行以来、国政政党および生協組織の支援を受ける女性議員ばかりで占めらてきた中、町田市議会においてしがらみなく改革のできる女性議員誕生となりました。
 みなさまの暖かく力強いご支持、ご支援に、改めまして、深く心より感謝を申し上げます。

 今回の町田市におきます選挙全体を通してみると、市長選で現職の石阪丈一市長が、共産党・自由党推薦の次点候補に多選批判を受けたものの、ダブルスコアーを上回る安定した結果で四選を果たす中、市議選においても、自民党は公認候補者12名全員、公明党は公認候補者6名全員が当選し、国政与党が堅調な戦いぶりを見せました。
このような中、昨秋の衆院選直前に誕生した立憲民主党は、新人と現職を2位と5位で当選させ、得票率は7.83%に達しました。ただ、この煽りを受けたのか、共産党やかつて3議席を有したと生活者ネットは、ともに公認候補1名が落選し、立憲民主党の勢いが左派政党間の票の奪い合いに留まることを印象付けました。
また、同市議選に初めて臨んだ都民ファーストの会は、小池百合子特別顧問が期間中、応援に入ることはなく、現職1名の公認に留め当選はしたものの、得票率は2.69%と、公認候補5名中4名が落選した昨年11月の葛飾区議選や、唯一の推薦候補が落選した前週の日野市議会議員選挙に続き、劇的な退潮傾向の連鎖が繰り返されていることを顕著に印象付けることになりました。

 このような中、昨年10月に活動を再開した本会は、活動再開直後の葛飾区議会議員選挙に続き、町田市議選においても現職と新人各1名が当選し、6000票を超えるご支持を受け、得票率は4.02%に達しました。一重に、上田令子代表以下、メンバーが一丸となり、支援に取り組み、自由・自主・自律からなる基本理念が町田市民のみなさまからも受け入れられたものと、意を強くする大きな成果、大きな2議席を得ることができました。
 ただ、課題として、新井・矢口両候補とも当初、他候補に比べ出遅れ感が否めませんでした。最終盤の街頭における温かいお励ましと大きな盛り上がりにより、これを挽回できたものと確信しましたが、2議席目につきましては、次点者と64票差となり、葛飾区議選に続き最下位当選となりました。改革実績は他の議員の追随を許さぬものの、多数の市民に認知して頂くに至ってなかったものと思料するものです。これを課題として受け止めて、反省すべき点を見直し、今後の活動の糧にしていくべきものと考えております。
 改めまして、地域政党「自由を守る会」を全面に高らかに打ち出し、東京都内で10名となった議員や支援者・会員、地域住民の皆様とともに、日常活動を進めていく必要性と必然性を、今回の成果から痛感しております。
 町田市議選での取り組みにご尽力を賜りました、お一人お一人に感謝を申し上げるとともに、「自由を守る会」全体として成果と課題を分かち合って、今後の活動と来るべき自治体選挙、さらに来春の統一地方選挙に向け、一つでも多くの自治体で、一人でも多くの清新で地力のある候補を擁立し、仲間を増やしてまいります。
 今後とものご支持、ご支援を心より、よろしくお願い申し上げます。

平成30年2月27日
地域政党「自由を守る会」

上田令子代表 平成30年 年頭所感

IMG_9299

新年明けましておめでとうございます。
地域政党「自由を守る会」は、2014年11月21日に発足した、東京を中心とする地域政党です。本年で4年目を迎えます。
 会員各位、ご支持、ご支援をいただいております皆々様におかれましては、つつがなく穏やかな新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
もちろん、こうした定型的なご祝詞を申し上げますと、「何を呑気なことを」と思われる方もいらっしゃると拝察いたします。
 ご承知の通り、ここ一年余りの間、「自由を守る会」は、都民・国民を無視して激しく短視眼的かつ直情的に離合集散を繰り返す政局の中、大きく翻弄されて参りました。
一昨年の知事選で協力して戦い、大勝利を得た、都民ファーストの会幹部より不当で執拗な要求を受け、昨年4月3日、不本意ながら活動を休止し、政治資金規正法上は解散の扱いといたしましたが、活動再開をすべく、10月6日に設立届出を行いました。
ご心配をおかけしてしまった各位に改めて深くお詫びを申し上げるとともに、本年も引き続き、暖かいご支持、ご支援、ご叱咤激励をよろしくお願い申し上げます。
 年が改まりましたが、昨年、大きく変質させられてしまった「東京大改革」の軌道を、全身全霊をかけ回復させるべく、一同、一致して、決意を新たにしております。

[地方政治をとりまく“世界”]
 昨年は世界に目を向ければ、1月にアメリカ合衆国第45代大統領にドナルド・トランプが就任、3月に習近平が国家主席に再任、5月に隣国韓国ではパク・クネの辞任に伴いムン・ジェイン(文在寅)が第19代大統領に、フランスでは第25代大統領にエマニュエル・マクロンが39歳の若さで就任、さらにイギリス・ドイツなどでも総選挙が実施され、新たなリーダーが選ばれました。
 また、日本国内においては、年初より大阪府豊中市議らによる地道な調査に端を発した森友問題や加計問題という国有地払い下げや大学設置許認可、さらに私立大学への文科官僚の天下りなど、恣意的な行政運営・公権力の行使が繰り返し指摘されてきましたが、9月28日に衆議院が解散され、10月に第48回衆議院議員総選挙の結果、自民党は284議席、公明党は29議席を獲得し、連立与党で衆議院の3分の2の議席を維持し、第4次安倍晋三内閣が成立し、野党が分立し政権交代が見込めない中、長期政権が見込まれる展開となっています。
 国内経済においては、日経平均株価が約26年ぶりの高値を回復し、景気が29年ぶりに7四半期連続で改善し、雇用に至っては43年ぶりの好環境にあるとされていますが、大手製造業の冬のボーナスは5年ぶりの前年割れの中、公務員・議員の給与がアップされる一方、都民・国民が広く景気回復を実感するには至っていません。個人と地域からの実感のある経済成長が、未曽有の少子高齢化していく日本の浮沈にかかっています。

[本会がめざすもの]
「自由を守る会」は、時に大きな船を動かす小さくても決して沈まぬ機動的かつたおやかなタグボートとして、この地方政治の大海原へ漕ぎだし、これまで以上に地域課題の発掘と解決を最優先とした議会活動と地域活動に、邁進いたします。
 結党宣言にありますように、自由主義、民主主義、市場主義、地域主義、個人主義を基調とした、自由・自主・自律の精神のもと、国民の選択の自由、政府からの自由、内心の自由を守り、人々がのびのびと個性を活かすことのできる社会の実現を目指し、もって、あなたの自由を守ることを理念としています。
 政治は不可逆であり、失ったものを取り戻すのは至難です。常に、都民・国民の福祉の増進に向け、前に進んでいくしかありません。

政局に翻弄された昨年を振り返り、教訓としつつも、自由を基調とし、自由論に立脚した地域に根差した実践を進め、進化させて参る所存であります。東京の地域政党として、皆様に寄り添う現場主義の地域活動と、メンバーそれぞれが使命感を持って進めるフィールドワークでの取り組みをダイレクトに知っていただくことを通して、既存の国政政党等の大きな組織や既得権益団体の支持よりも、一人一人の地域住民が支持、評価をしていただける時代に展望を見ております。
この中で、地方自治・地方議会は、東京都政はもとより、各区市町村におきましても、新たなパラダイム展開に向け、大航海時代へ突入しています。
ますます、地域住民の声なき声、議会に臨む真の「選良」たる地方議員の受け皿としての役割を痛感しております。

[本会の取り組みと展望]
 昨年、自由を守る会は活動再開直後にもかかわらず、11月12日投票の葛飾区議会議員選挙におきましては、皆様のご支持・ご支援によって、現職の梅田のぶとしに加えて、新人の大森ゆきこを推薦し、自民党、都民ファーストの会が複数の候補を落選させる中、激戦を制して2名ともが議席を獲得することができました。
本年は、2月25日投開票の町田市議会議員選挙を控えております。本会では、「誰よりも税金の無駄遣い削減を進めてきた」現職の新井よしなおに加えて、「28歳で2児を子育てしながらママ・ハパの地域活動に取り組む」新人の矢口まゆの推薦を決定し、葛飾区議選に続き、複数議席を獲得すべく、町田市の皆様方と全力で準備を進めております。
さらに、来年には、改元を前に第19回統一地方選挙とその前後に台東区、足立区で選挙が予定されております。改選となる現職の議席死守を着実にするとともに、より多くの選挙区への皆様のご期待に応え得る最善な候補者擁立を積極的に進めて参ります。
 改めまして、年頭にあたり決意を新たにすることを宣明するとともに、これまでと変わらない、皆様の温かいご理解、ご支持を心よりお願い申し上げ、代表としての所感といたします。

平成30年1月1日
地域政党「自由を守る会」代表 上田令子

12月16日(土)自由を守る会 熱血!街頭演説会 @町田のお知らせ

IMG_2016
去る葛飾区議会選挙では、自由を守る会は現職うめだ信利区議、新人大森ゆきこ区議どちらも当選!そして舞台は、市議会議員市長選挙が2018年2月25日執行される町田市へ!
現職新井よしなお町田市議、矢口まゆ政策委員、自由を守る会メンバーで町田市内を大いに賑やかします!
町田市の皆様応援支援よろしくお願いします。

日時:12月16日(土)13:30~
町田駅前街頭演説会
その後は自由に市内を駆け抜けます!

【弁士】
上田令子東京都議会議員
新井よしなお町田市議会議員
矢口まゆ自由を守る会町田市政策委員

【集合場所】
・町田駅前

選挙政治サイト「政治山」に上田令子代表の記事が掲載されました!

2017年12月8日、選挙政治サイト「政治山」に上田令子代表の記事が掲載されましたので、以下ご紹介致します。

都ファ離党から2カ月―「政局だけ、理論だけはダメ!今こそ、ホンモノの地域政党を!」

上田令子都政報告会~お姐節炸裂!一連の真相を語ります~【代表・上田令子都議会議員主催のイベント情報】

IMG_1931

null

平素は、上田令子をお支え頂き、ありがたく厚く御礼申し上げます。
私、上田令子は「都民ファーストの会」において「二元代表制担保への懸念」「憲法・地方自治法で認められた調査権・発言権の抑制」「党内民主主義の欠如」に大きな疑念を抱き、これでは「古い都議会を新しく」はできないと判断し10月5日に離党いたしました。
 知事選を真っ先に手伝ったというのに、知事選直後から態度を一変、同会前代表(現知事特別秘書=特別公務員)から強要され解党した私が代表を務める「地域政党自由を守る会」は、即日再結成し去る11月12日葛飾区議選には、現職うめだ信利氏、新人大森ゆきこ氏どちらも当選を果たすに至りました。心よりお礼申し上げます。
 TV・新聞等に大きく取り上げられ皆々様には大変ご心配をおかけしましたが、私の初当選以来のキャッチフレーズ「わたしは、ブレない。」の言葉通り、言論統制のない、住民最優先の自由な議会活動を引き続き展開していく所存です。衆院選も終わり、忌憚なく皆様にこれまでの真相と都政報告をさせて頂きたく以下お知らせ申し上げます。
お姐節炸裂間違いなし!ふるってのご参加お待ちしてます!
東京都議会議員 上田令子

【上田令子都政報告会~お姐節炸裂!一連の真相を語ります~】
日時:平成29年11月24日(金)
午後7時~8時
(午後6時30分受付開始)
会場:タワーホール船堀2F『桃源の間』
江戸川区船堀4-1-1
都営新宿線「船堀駅」北口駅前
アクセスはこちら。
会費:無料
事前申込:不要
連絡先:090-1856-8721

自由を守る会に新しいメンバーが増えました!

標記の件につきまして、2017年10月9日付で大森ゆきこ氏が自由を守る会の新メンバーとなりましたので、お知らせ致します。

氏名:大森ゆきこ
役職:葛飾区政策委員・地域担当
所属:ぱんつっこの森代表、葛飾ひとり親ネットワーク代表、江東区協働事業こうとう子育てメッセ実行委員、東京都スキー連盟加盟クラブ ジョリースキークラブ理事、葛飾区スキー連盟理事
※詳しくはこちらをご覧ください。

© 2018 自由を守る会. all rights reserved.